「15年をクリアし更に前進を」   41期代表 今井 憲一

昨年3月の修了式に15年栄誉賞を41期23名が授賞しました。

振り返れば入学時110名の41期生も健康状態や家庭事情等で年々減り続ける中で、この日を迎えた仲間の頑張りに当日、心から敬意を表しました。

この15年の区切りとして記念行事をと同期の仲間で考えましたが、中々名案が浮かばず形のある物をという事で記念誌作成となりました。

市販されているような豪華な物は経費の面で外れ結局、手作りでとの結論に達して全員からの「思い出のひとこと」と入学以来の写真の提供で編集しました。

簡単なようで中々容易でなく山口副代表と共に苦労しました。「あしあと」23ページです。丁度1年前の2月~3月にかけての思い出になりました。

修了式当日の写真、栄誉賞、謝辞の写しも入れて完成、4月に配布しましたが手作りで見た目も内容も誉められるような出来ではありませんが飽くまで41期生の思い出の記念誌となりました。

16年目の平成30年の期の行事は、従来と同じパターンの「ふじやでの食事会4回」「暑気払い」「忘年会」となりました。

年々会員の減少と共に同期会の会合にも参加人数は少なくなっておりますが、人数の減を嘆いても前進にはなりませんので、新年度も同期会で集まる機会を計画して参りたいと考えております。