55期副代表  香山 久

55期生入学式に際し、55期生が新入生ガイダンスをするという気持ちの高ぶりと、1年間慣れ親しんだ、4階の専用席での聴講が出来なくなるという寂しい気持ちが大きくなり、仙台明治青年大学での2年目の活動が始まりました。

毎月の最初の学習日は、代表、正副班長で構成する役員会を開き、食事の後で、代表からの部協議会の報告や、各班の活動報告の発表など行っています。2回目の学習日は、各班ごとに自主活動を行っています。

同期会全体の社会見学を7月25日に、地底の森ミュージアムで行った。初めての行事なので、近場で簡単な場所を選びました。48名参加し、ボランティアガイド嬢の案内説明で場内一巡し、自由解散の予定でしたが、居残りさらに見学する多数の人も居て、大変好評で、有意義な行事でした。

秋の園遊会ならぬ「紅葉&いも煮会」を10月24日に、みやぎ蔵王リゾートで行った。送迎バスのキャパシティーもあり、参加人数は限られましたが、青空の下、アルコールも入り、各班を超えた交流で盛り上がりました。

この縁で後日、4班5班合同の忘年会を開くことが出来ました。段々とこのような横の交流が広がり、同期会が発展していくことを願っています。

あと残された行事は、同期会総会だけです。2月27日いとう会館で、食事会のあとで、開催予定です。殆どの役員が交代し、3年目の新学習年度を迎えます。