太白区文化センター

日 時 平成29年9月20日(水)11時30分~
会 場 太白区文化センター楽楽楽ホール
目 的 ・催事中に、大規模地震・火災発生等を想定した会場からの避難訓練
     ・今回の避難訓練は、非常口の確認と非常階段を使用した実践訓練
参加者 ・太白区文化センター職員・楽楽楽ホールスタッフ
     ・仙台市生涯学習支援センター職員
     ・明青大当日学習出席者 570名
     ・太白区消防署

講評  太白区消防署
    ・関係者・誘導スタッフの誘導案内訓練は概ね適切でした。
    ・非常口案内と誘導は大きな声で、スムーズな避難誘導は、ひとえに
     誘導者の大きな声に掛かっています。避難者も落ち着きます。
    ・今後の訓練では、館内放送で的確な情報提供が必要では。
    ・館外からの先の避難経路は、各人で事前に決めておく。
    ・大人数に於ける避難訓練実践は、消防署担当として貴重な訓練
     の場でした。

消防署による避難訓練の講評

             太白区文化センターコメント
     ・避難訓練主催者として、今回の避難訓練を通しての課題、問題等
     を検証し今後の防災訓練に生かしたい。

    避難訓練参加者の皆さんご苦労さまでした。