講師は東北放送報道制作局長 今井 敦さん。

TBC 今井報道制作局長

今日の学習は、DVD視聴と報道に関する資料を用い報道の現場からの学習でした。

TBCの報道番組重点目標
1.事件・事故【発生もの】への迅速な対応
2.独自ネタ・スクープ取材・調査報道
3.震災報道の継続(ラジオ報道含む)

特に地元テレビ局として、報道を通して3・11震災について風化をさせない。
復興の進捗度、被災者の心の問題に寄り添い報道。
東日本大震災関連を継続報道することに力を入れ、現在まで105回に亘り特番報道も含め、復興はどこまで進んだかをコンセプトに放送しているとのこと。
三陸町に置ける復興の課題と町づくり、復興進捗状況と住宅再建と地元に残るため仕事の関連を通し【被災者にとり復興ってなんですか?】をDVDで学習。
震災当時の幼い子供たちの成長の記録報道は継続取材なしではできなかった~と、継続取材の重要性を強調していました。

TBCのテレビ報道のキーワードは
・報道のキーワードは、知る権利・報道の自由・情報公開法と特定秘密保護法・実名報道の原則と例外・個人情報保護法と関連法令などがある。それらに留意しながら、報道を通して国民の知る権利として報道をしているとのこと。

テレビ映像の説得力と現場からのニュースとして放送されるまでの流れを時系列で学習しました。報道の迅速化を進める為には、今後はインターネット社会との融合が益々進んでいくそうです。

 報道担当者として、入社まもなく県警・仙台市役所を担当。県政・市政を揺るがした、24年前の贈収賄事件報道に携わった事が、今井局長の報道担当としてのスタートとの事でした。

放送現場 
 左 緑色のボードに注目! 
この部分にコンピューター合成の天気予報等を映し出す。