榴ヶ岡児童館への今年度第1回明青大「昔遊び」を開催した。本日の出し物は①手品 ②けん玉 ③ぶんぶんゴマ ④折り紙 ⑤将棋指導と盛りだくさん用意した。先ずは黒石さんの手品からスタートして子供たち・先生方からも「ワースゴイ!」と拍手喝采であった。中には「手に何か持ってる」と指摘する子供もいたりして大いに盛り上がった。黒石さんの手品は好評で帰りには「手品おじさん」と子供達から呼ばれて人気者になっていた。その後は各コーナーに分かれてけん玉、折り紙、将棋、ぶんぶんゴマと夫々に興味を持ったものへ挑戦してもらった。今回新しい発見としては折り紙は女の子、けん玉・将棋は男の子と思っていたがそうではなくて男女ともどの遊びもやっていたことである。それとどの回でも思うのはボランティアをやっていて一番嬉しいのは子供たちの笑顔である。その笑顔を見るとこちらも嬉しくなってくる。