12/23 植物によせる万葉の歌

挨拶をする星合先生

本日のテーマは「植物によせる万葉の歌」について元県民の森管理事務所長の星合愿一先生からご講演をお聞きしました。

 

星合先生のご経歴は以下の通りです。

◇趣味の登山・トレッキングで世界の山々の制覇されました。特にカラパタール(5544m)ネパール(エベレスト街道トレッキング一生忘れられない感動を経験しと話されました。

◇ 楸 この漢字が読めますか?この字はヒサギと読みます。

ぬばたまの夜のゆけゆかば久木生ふる清き川原に千鳥しば鳴く(6-925)大友家持

木編、魚編と四季との結びつきの漢字について興味深いお話がありました。皆様はいくつ読めますか?との質問がありました。

万葉集から一句ご披露がいただきました。

◇星合先生が万葉集に魅了された出会いについて熱く話されました。また上野誠教授、作家の高樹のぶ子さんのお話を聞いて古典への触れ合う姿勢を会得され、今日まで続いているとお話になりました。

◇万葉の基礎

◇万葉集には様々な生き物を呼んだ歌が沢山あり、それぞれの分野の歌をご紹介いただきました。

◇風流には酒が付き物、万葉集の中にも沢山の酒を賛むる歌があり、その中から厳選した歌をご披露いただきました。

◇宮城県は万葉集最終縁者・大友家持と縁深く多賀城で生涯を閉じたと言われています。また宮城県の県歌である萩が万葉集で一番歌に詠まれている。

◇最後に万葉植物観察スポットのご案内を致します。

本日の学習会出席者は236人でした。