6/14 テレビ番組制作の現場から

本日の学習は、東北放送報道制作局長の石森勝巳先生から、東北放送の概要、コメディアン「たこ八郎」を描いたドキュメンタリーの紹介、番組制作のウラ話・エピソード、番組制作にあたって大切なこと等を講演いただきました。

講師紹介

東北放送報道制作局長 石森 勝巳 (いしもり かつみ)先生

1997年 東北放送株式会社入社
       テレビ局制作部

2009年~  東京支社ラジオ部長
2013年~  報道制作局テレビ制作部長
2020年~  ラジオ局長
2022年~  報道制作局長

*東北放送以前は松山プロ(映画監督松山善三の制作会社)に所属、NHKやTV東京のドキュメンタリー番組などを制作

1.東北放送について

●1951年 民間放送開設申請、12月仙台放送㈱設立。翌年ラジオ放送開始。テレビ放送は59年に開始
●1953年 東北放送㈱に社名変更、略称はTBC
●テレビ番組は Nスタみやぎ・ひるまでウォッチン・サンドのぼんやり~ぬTV 等
●ラジオ番組は en Voyage・GoGoはみみこいラジオな気分 等

●ドラマ『小さな神たちの祭り』を2019年放送

  • 東日本大震災を題材にした60周年記念ドラマ、制作統括は石森勝巳さん(本日の講師)が担当
  • アジア・テレビジョン・アワード最優秀賞、国際エミー賞4位

「放送」と「インターネット配信」を両輪とする発信に力を入れている!

・tbc NEWS DIG(ニュースサイト)
・TVer(ティーバー)の認知率・利用率も高い

2.『妖精と呼ばれたコメディアン』
. ~覚えていますか、たこちゃん、こと たこ八郎を~

赤塚不二夫が「妖精」と呼んだ、元プロボクサーでコメディアン「たこ八郎」の生涯と、彼に関わった人々を描いた65周年記念ドキュメンタリー番組の上映(40分)

  • 「たこちゃん」こと「たこ八郎」は仙台の苦竹村出身、本名 齋藤清作、仙台育英高校ボクシング部
  • 上京してプロボクサー、日本フライ級チャンピオンに。視力障害の彼があみ出したノーガード戦法は、漫画「あしたのジョー」の矢吹丈も採用
  • 3度目の防衛に失敗、由利徹の内弟子になり「たこ八郎」の名を貰うが、パンチドランカーを発症。コメディの聖地 浅草へ、作家 団鬼六に出会う
  • 「たこ劇団」で寸劇公演、映画監督の山本晋也・山田洋次の作品、TVドラマ「ムー」、CMにも出演、多くの人に愛される
  • 赤塚不二夫のほか、柄本 明、樹木希林とも親交が深い
  • 神奈川県の海で謎の死、44歳 。友川カズキが唄う「たこちゃんの歌」が流れ、ドキュメンタリーが終わる…

3.番組の制作にあたって

◆この企画は構成作家と新宿の居酒屋で作った

◆なんで「たこ八郎」なのか?(企画メモから)

  1. うねる文化状況
    … 1970年代初め、日活ロマンP、寺山修司、タモリの時代
  2. 寛容な時代だったあのころ
    … 多くの人に愛され、新宿の飲み屋では特別待遇
  3. ”ことばの向こうに広がる悲しみ”を知る人
    … 
    たこ八郎の口ぐせ「めいわくかけて ありがとう」

◆ロケハンでのウラ話

  • ピエロはベニーランドで、少年時代はスタッフの実家で撮影
  • リングは山形県某高校のボクシング部、映画館は福島県の本宮劇場
  • 自転車は仙台で探した、等々…

◆出演者のエピソード

  • 樹木希林さん全身がんにも係わらず、真夏の炎天下、自宅前で撮影隊をわざわざ出迎え、”たこちゃんの秘話”を話してくれた
  • 柄本 明さんナレーター・由利 徹・たこ八郎の一人三役を、快く引き受けてくれた

4. TV制作の現場から 伝えたいこと

◆人間関係の構築がとても大事

  • コロナ禍で何でもリモート、人との接触が減り、TVの現場でも仕事のやり方が変わってきたが、やはり各場面で人と関わることを大切に!

◆たこさんが生きていた頃の ”人間くささ” が好き

  • 制作に時間をかけたが、いろいろな人を介して撮影を行ったから
  • デジタルの世界は便利で効率も良いが、クリエイティブなもの造りのTV現場には”人間くささ”も必要!

◆悲しみを理解すること

  • 悲しみを知るたこさんだから、たくさんの人から愛され、たくさんの人を愛せた
  • 震災など、人々の心の復興を思うとき、やさしさも大事だが、悲しい心を理解する気持ちがないと取材相手と心が繋がらない。

 

本日の出席者は498名でした

 

前の記事

5/24 オーロラの不思議